ヘルプ

YADOKARIについて

YADOKARIでできること

YADOKARIはオンライン上におけるConversion(コンバージョン)を目的としたメディアプラットフォームサービスです。通常のブログなどと同じように記事をオンライン上で書くことで、こちらで用意をしたコンバージョンに最適化されたページが生成されます。

メディアを登録し設定が完了すると専用のTOPページが出来上がります。書かれた記事はこのTOPページに自動的に追加されていきます。

メディアを作成する

URLを設定する

URLを設定する

まず、読者がアクセスするときに使うURLを設定します。あとから変更が出来ませんので注意してください。

アカウントを登録する

アカウントを登録する

メールアドレスかGoogleアカウントでアカウントを作成してください。次回以降のログインでは、ここで登録したアカウントとメディアURLが必要となります。

アカウント登録【メールアドレスで登録する場合】

アカウント登録【メールアドレスで登録する場合】

入力したメールアドレス宛に認証メールが送信されるので、24時間以内にメールに記載されている認証URLをクリックし、メールアドレスの認証をすることで、ご登録が完了します。

アカウント登録【Googleアカウントで登録する場合】

アカウント登録【Googleアカウントで登録する場合】

YADOKARI上で使用したいGoogleのアカウントで登録をしてください。

ユーザー名を登録する

ユーザー名を登録する

YADOKARI上に表示されるユーザー名を登録します。こちらの情報は後から変更することができます。またこちらで入力した名前は、記事を書いたときに使用されます。

メディア情報を登録する

メディア情報を登録する

メディアの情報を登録します。こちらの入力項目はいまは入力せずに、あとから入力することも可能です。

また、登録したメディアは初期状態で非公開の状態で登録されます。各項目を入力しないと公開に設定することができません。

記事を投稿する

記事を書く

記事を書く

実際に公開される記事と同じ状態で文章を書くことができます。
カバー画像はSNSでシェアした場合にも使われます。(推奨ファイル:620 ✕ 326px の jpg / png / gif(5MB以下))

本文の左側に表示される「+(プラス)ボタン」をクリックすると画像や対話表現等を追加することができ、入力した文章を選択すると見出しやリンクに変更できるメニューが表示されます。(一部のマークダウン記法もあります)

また、記事は自動的に下書きに保存されるようになっています。
大見出し、小見出しを使用すると画面左上に自動的に目次が作成されます。アンカーリンクも設定されるので、読みやすい文章を書くのに役立ちます。※記事を投稿するにはタイトルと本文は必ず入力してください。

詳しい書き方

YADOKARIでは記事づくりをサポートする、シンプルで使いやすいツールが備わっています。

詳しい書き方1

本文左側に表示される「+(プラス)ボタン」にマウスカーソルを載せると、画像挿入や対話表現、インタビュー形式等の表現を挿入することができます。

  • 画像挿入

    jpg / png / gif(5MB以下)に対応しています。※画像の横幅サイズによっては、PC/スマートフォンで左右に余白ができる場合があります。

  • コードブロック

    コードブロック

    プログラミング言語の入力に適しています。入力したテキストを選択すると、様々な言語のシンタックスハイライトを適用することができます

  • 引用

    文章の左側がインデントされ、引用表現ができます。

  • 外部リンク埋め込み

    対応中サービスのURLを入力すると記事内に表示されます。(現在対応中:Twitter、Youtube、Vimeo、Instagram、SlideShare、Speaker Deck)

  • 対話表現

    対話表現

    対話しているような記事がかんたんに書けます。
    ※現在、対話表現で登録できるメンバーは2名までです。3名以上の登録は特別に招待させていただいておりますので、ダッシュボードのお問い合わせ窓口より申請をお願いします。

  • インタビュー

    選択すると文頭に長い音引きが入り、インタビュアーの発言として使えるため、インタビュー形式の記事を書く際に役立ちます。

詳しい書き方2

入力したテキストを選択するとツールチップが表示されます。太字や見出し等テキストエディタでも馴染みのある文字スタイルに変更することができます。

[特徴的な機能]

  • 大見出し、小見出し

    大小の見出しにできます。目次としても自動的に設定されます。

  • リンク作成

    選択したテキストにリンクを設定することができます。

  • インタビュー

    選択したテキストに文頭に文頭に長い音引きが入ります。(+ボタンと同様)

詳しい書き方3

文章で大見出し・小見出しを使うと自動的に目次が作成されます。目次はアンカーリンクにもなるため、読者にとって読みやすい文章づくりの目安にしてください。

書式設定
  • 文字
  • +b
  • リンク
  • +k
編集中
  • 元に戻す
  • +z
  • やり直し
  • Shift++z
Markdownによる書式設定
  • 大見出し
  • #+スペース
  • 小見出し
  • ##+スペース
  • 番号付きリスト
  • 1.+スペース
  • 箇条書き
  • +スペース
  • 引用タグ
  • >+スペース
  • 太字
  • ∗∗太字∗∗
  • コードブロック
  • ```
  • コード
  • `コード`
  • リンク
  • [リンクテキスト](URL)

コンバージョン先の設定をする

コンバージョン先の設定をする

「コンバージョン先の種類」「タグ」を入力します。コンバージョンの種類によって表示されるリンクやボタンなどが最適化された表示となります。

記事の設定をする

記事の設定をする

記事投稿の際のオプション設定です。未入力でも投稿することができます。要約を入力すると記事の一覧表示のときやmetaタグでも使用されるため積極的に活用することで効果が上がります。また、公開日を設定することで指定した日時に記事を公開することもできるようになっています。

メディアを管理する

メディアを登録/編集する

基本情報を登録/編集する

メディアの設定ではメディアの情報を入力することができます。アイコン・タイトル・ヘッダー画像は公開時には必須項目となっています。カバー画像はウインドウサイズや端末によって画像がトリミングされ、見え方が変わります。

アカウント情報を登録/編集する

アカウント情報を登録/編集する

記事を公開したときに表示されるプロフィールです。

メンバーを追加する

メンバーを招待する

このメディアに他のユーザーを招待することができます。招待したい人のメールアドレスを入力することで、利用開始の案内メールが送信されます。

公開ステータスを設定する

メディアの公開ステータスを変更することができます。アイコン画像・タイトル・ヘッダー画像が設定されていない場合は公開できませんのでご注意ください。

アクセス解析について

メディア全体の記事の閲覧数/クリック数を確認する

メディア全体の記事の閲覧数/クリック数を確認する

メディア全体の記事閲覧数が青い線(単位は左縦軸)、リンクボタンのクリックが黄色い線(単位は右縦軸)で見ることができます。マウスカーソルを線に合わせると詳細な数値を見ることができます。
また、右上のボタンで7日間/28日間表示を切り替えることができます。
より詳細な解析が必要な場合は、詳細設定メニューよりGoogleAnalyticsの設定をしてください。

記事毎の閲覧数/クリック数を確認する

メディア全体の記事の閲覧数/クリック数を確認する

記事毎の閲覧数やクリック数を見ることができます。主な操作はメディア全体記事の閲覧数/クリック数を確認すると同じですが、記事では読者の端末比率も見ることができます。

推奨環境について

ダッシュボードは、Google Chromeでのご利用を推奨しています。他のブラウザでは正常に動作しないことがありますのでご注意ください。 また、ダッシュボードのスマホからのご利用も正常に動作しない可能性があります。